PREVENTION 予防処置

予防処置について

むし歯、
歯周病を未然に防ぐ

天然の歯は、一度削ったり抜いたりすると元通りになることはありません。削って詰めてを繰り返していたら、いずれご自身の歯はなくなってしまいます。大切なのはむし歯や歯周病になってから治療をするのではなく未然に防ぐことです。現在の歯科治療はこの予防処置が主流になっています。後から後悔することがないよう、治療後の健康的な状態を長く保てるよう、日常のケアと歯科医院での定期検診を徹底しましょう。

こんな方はご相談ください

  • むし歯や歯周病を予防したい
  • 口臭が気になる
  • 着色汚れが気になる
  • ヤニ汚れが気になる
  • 磨きのこしの少ないブラッシング方法を知りたい
  • 自分の口腔内に合った口腔ケアグッズを知りたい

MERIT予防のメリット

むし歯や歯周病を
防げる

日頃のケアと定期検診を受けることで、むし歯や歯周病を未然に防ぐことができます。

多くの歯を
残せる

予防処置先進国のスウェーデンにおける80歳の平均残存本数は20本です。年齢を重ねてもたくさんの歯が残せます。

爽快感が
ある

歯科医院でメンテナンスを受けると、歯や歯ぐきがすっきりとして爽快感が味わえます。口臭やネバつきも改善されます。

予防方法について

歯科医院で行う
プロフェッショナルケア

検査

歯科医院では口腔検査や唾液検査を行います。検査はより最適な予防プログラムのご提案に向け、歯と歯ぐきの状態、お口の中の細菌の状態を把握するためのものです。一人ひとりの口腔内の状況を的確に見きわめ、効果的な予防につなげます。

歯磨き指導

予防の基本となる毎日の歯みがきについて、その正しい方法をアドバイスします。最適な歯みがきの方法は口腔内の状況により一人ひとり異なります。磨き残しの少ない方法や歯ブラシの選び方をわかりやすくお伝えしています。

クリーニング

歯垢(プラーク)が硬化した歯石は、細菌が繁殖して歯周病の原因になります。歯石は歯みがきでは取り除くことができないため、歯科医院でスケーラーと呼ばれる専用の器具を使って除去しましょう。

PMTC

歯科医院で行うプロによるクリーニングです。毎日の歯みがきだけでは落としきれない汚れを、歯科衛生士が専用器具で徹底的に取り除きます。磨き残しや小さな隙間の汚れのほか、軽い着色も落とすことができます。施術後は汚れも付きにくくなります。

ご自宅で行うセルフケア

歯みがき

毎日の歯みがきは予防の基本です。正しいブラッシング方法を身につけ、磨き残しが少なくなるよう磨きましょう。歯ブラシはご自身に合ったものを使うことが大切です。毛先が開いた歯ブラシでは汚れをしっかりと落とせないため、1カ月に1本の頻度で新しいものに交換しましょう。

フッ素配合の歯みがき剤

フッ素には歯質を強化してむし歯の発生や進行を防ぐ働きがあります。フッ素配合の歯みがき剤を使い、歯みがきによる予防効果を高めましょう。

歯間ブラシ・フロス

歯間ブラシやデンタルフロスの利用も効果的です。歯ブラシの毛先を届かせるのが難しい細かな部分も、歯間ブラシやデンタルフロスを用いて汚れを徹底的に除去しましょう。

デンタルリンス

唾液の分泌量が減少し、細菌が繁殖しやすくなるのが就寝中です。就寝前に殺菌力があるデンタルリンスを使い、お口の中を殺菌してから眠りましょう。

定期検診

予防のために
定期検診を受けましょう

むし歯や歯周病を予防するためには、歯科医院で定期検診を受けることが大切です。セルフケアは予防の基本ですが、限界があるのも事実です。磨き残しがあれば、歯垢(プラーク)が溜まり、そこがむし歯や歯周病の原因となってしまいます。発症前に未然に防ぐのはもちろん、治療後の状態を維持するためにも、2~6カ月に一度の定期検診がおすすめです。