PERIO 歯周病治療

当院の歯周病治療

歯周組織が破壊され、
歯を失う歯周病

歯周病は、歯と歯ぐきの間に溜まる歯垢(プラーク)や歯石に繁殖する細菌により炎症が引き起こされ、歯周組織が破壊される状態です。40歳以上の日本人80%が歯周病と言われ、歯を失う原因の多くを占めています。治療はクリーニングを基本に、症状や進行具合によって外科的な処置を行うこともあります。まずは現在の状態を正確に把握しましょう。

このような症状はありませんか

  • 歯がグラグラする
  • 歯茎から出血がある
  • 口の中が粘ついている
  • 歯と歯の間にすき間がある
  • 口臭が気になる
  • 歯茎が腫れている

歯周病の進行段階

01STAGE 健康な状態

歯周病は、歯肉炎→軽度歯周炎→中度歯周炎→重度歯周炎という流れで進行します。
健康な状態では、歯は歯周組織にしっかりと支えられています。歯ぐきはピンク色で引き締まり、歯と歯の間に隙間はなく、歯みがきで出血することもありません。

02STAGE 歯周病になる手前の
歯肉炎

歯と歯ぐきの境目に歯垢(プラーク)が溜まり、細菌の毒素が歯ぐきの炎症を引き起こし、赤く腫れます。歯肉炎の段階では痛みを伴いませんが、歯みがきの際に出血することがあります。放置すると歯周炎に進行してしまうため、この段階でしっかりとケアすることが重要です。

03STAGE 細菌感染が進んだ
軽度歯周炎

歯肉炎が進行してさらに感染が進んだ状態が軽度歯周炎です。歯ぐきの炎症に加え、歯ぐきを支える骨が溶かされ始めるのが特徴。歯周ポケットも徐々に深くなり、さらに歯垢(プラーク)、歯石が溜まるため、放置するとさらに歯周炎が重症化する恐れがあります。

04STAGE 歯が浮くように
感じる
中度歯周炎

歯ぐきの炎症が慢性化し、さらに進行して歯周ポケットは深くなります。骨が溶けて、歯が浮いたような感じがする上、口臭もあります。歯周ポケットの奥まで歯ブラシが届かないため、ますます重症化することが懸念されます。

05STAGE 歯がぐらつく
重度歯周炎

さらに重症化すると歯を支える顎の骨がほとんど溶かされ、歯根が露出して歯がぐらつくようになります。放置すると歯が抜け落ちてしまう状態です。痛みも強くなるため、食事がしにくくなります。

歯周病が
全身に及ぼす影響

歯周病になると、唾液や血液を通して細菌がさまざまな臓器に運ばれるため、全身に影響を及ぼすことがあります。歯周病と糖尿病が互いに影響していることや、肺炎や感染性心内膜炎などの心疾患に深く関わっていることも明らかになっています。また歯周病が動脈硬化を誘発して心筋梗塞や脳梗塞のリスクも高まります。
妊婦さんが歯周病にかかっていると、早産や低出生体重児出産のリスクがあります。

※タップで拡大

歯周病の症状

違和感の正体は
歯周病かもしれません

初期は痛みなどの自覚症状がないため、気づかないうちに進行して重症化するケースが少なくありません。早期発見のためには、日頃のセルフケアや歯科医院での定期的なメンテナンスが重要です。歯ぐきの腫れや出血、膿のほか、歯ぐきがかゆい、歯がぐらつく、歯が伸びた、口臭などの症状がある場合、すぐにご相談ください。

治療の流れ

01 Step

検査

歯周病かどうかの検査を行い、検査結果に基づいて現在の状態をご説明します。合わせて正しい歯みがきのやり方もご説明します。歯ぐきより上に付着している歯石などを除去する処置も行います。

02 Step

精密検査

検査により歯周病が判明したら精密検査を行います。レントゲンを撮り、歯周ポケットの状態を詳しく検査します。より正確に口腔内の状態を確認します。

03 Step

治療

歯石や細菌を徹底的に除去する治療に入ります。治療時間は1回あたり30~45分ほどで、4~6回に分けて行います。治療後は1カ月くらいの休息期間をおき、歯ぐきの状態が元に戻るのを待ちます。その後、再び精密検査を行い、異常がなければ治療終了です。

04 Step

歯ぐきの手術

再検査で異常が判明した場合、歯ぐきの手術をご提案します。フラップ手術は歯ぐきを切開して歯根を露出させ清掃し、縫合する方法です。十分な説明の上、患者さんの同意を得てから行いますのでご安心ください。

05 Step

メンテナンス

口腔内には常在菌が存在しており、歯周病菌の割合が多くなると歯周病は再発します。再発リスクを下げるためにも、歯周病の治療を終えた後も、定期的なメンテナンスが重要です。また、メンテナンスの頻度は3カ月に1回程度が基本です。

歯周病の治療方法

薬の服用

歯周病があまり進んでいない場合、薬を使った負担の少ない治療を行います。当院では丁寧な検査を行った上で、飲み薬、塗り薬などを処方します。また、重症化して歯を支える組織が失われた部分には再生を促進する薬剤を塗り、健康的な歯周組織を取り戻します。

スケーリング

歯垢(プラーク)が硬化した歯石は歯みがきでは取り除くことができません。歯ぐきより上の、歯の表面に付着した歯石を取り除くのがスケーリングです。超音波スケーラーなど専用の器具を用いて歯石を除去するなど軽度の歯周病に対して行う治療法です。

歯周組織再生治療などの外科的処置

歯周ポケットの深さが改善されない場合、外科的な処置を行います。麻酔をかけて歯ぐきを開き、歯根に付着した歯石や膿の除去、炎症を起こした歯ぐきの切除を行い、元通りに縫合して完了です。また歯を支える骨が溶けて、デコボコした状態の場合、骨をつくる再生療法により段差を調整することもあります。